★遺言書書いてる?★

昨日昼は、税理士事務所主催の相続に関するセミナーに参加してきた。


俺は毎年年初に遺言書を書いている。

今年初めは親父の件があったから2月にずれ込んだが書いた。

来年は例年どおり箱根駅伝を見ながら書くことにしよう。

でもそんなときに限って、為替はよく動くんだよな。。。


俺が遺言書を書き始めたのは31から。

書き出した最初の年はワープロ専用機で書き。。。
翌年は一太郎で書き、フロッピーディスクに保存した。。

それがいつしかワードになり、今日に至る。


仲間の弁護士を遺言執行者に任命していて。
書き上げると、新年挨拶を兼ねて持っていく。

俺から3ヶ月連絡がなければ、実家に電話するようにしてある。

もちろん親にも俺に何かあれば、その弁護士に連絡するように言ってある。




俺は阪神大震災を経験した。

大学時代にバイクで交通事故を起こし、3日間意識不明の重体だった経験もある。
親父は医者に「覚悟しておいてくさい。」と言われたそうだ。
奇跡的に回復したが。。。
事故後1週間の記憶は今もない。
今も首筋の末梢神経は切れたまま痺れが残っている。


人はいつ死ぬか分からない。

天国に俺の残した財産は持っていけない。

そして俺の想いも。。。


だから毎年遺言を書くようにしている。

葬式に呼んで欲しい人、俺の死を連絡して欲しい人。
毎年仲間が増えたり、縁が切れたり。。。
リストを書き直している。

そして俺の資産をどのように残された人で分けるか?

どこにどんな資産が残してあるか?
など。。。


毎年昨年の遺言書を見ると、俺の資産がどのように増えているのか?

去年はこんなことがあって、資産が増えた減った。

今年はこんな風に資産を増やしていこうという、見直しにも使える。




遺言書の取り扱いについて。。。
事前の準備をしっかりしておくこと。
相続が争続になりかねない。


遺言執行者を任命しておくこと。
遺言執行者は、相続人からは選べれない。

遺言書は自筆で書く。
ワードで書いて署名だけ自筆は無効。
全部自筆なら、チラシの裏に書いてもOK。
但し、家庭裁判所の検認が必要。

遺言書は封をしてなくても問題無いが。。。
封がしてある場合は裁判所で封を開けないといけない。
勝手に開けると罰金5万円以下になる。

遺言書の日付は◯月吉日は無効。ちゃんと日まで書く。




公証役場で作成する遺言書の場合。
公正証書遺言には証人が2人必要。
相続権のある人に証人にはなれない。
しかしこの場合は裁判所の検認が不要。
費用は相続財産の金額にもよるが概ね20万円程度まで。




相続税について
平成25年時の統計で、約127万人亡くなり、約5.5万人4.4%が課税対象。
税務調査約1.2万件。そのうち指摘は9,800件82.3%。

つまりほぼ申告漏れを指摘された人は、課税しないといけない。
申告漏れの主なものは、現預金の申告漏れと土地の評価額の間違い。



子供に贈与したつもりが、名義預金は贈与とはみなされず無効となる。

これからは。。。
マイナンバーで資金の移動は全てバレてしまう。



相続税の過払いと還付件数は1.2万件。
還付は少ない。
しかも還付請求は、自分で還付があるか?調べて届けないと還付はない。

なぜか?
これは相続税の納付調査をしているのではなく。。。
過少かどうかを調査しているだけのだ。
だから相続税額が適正や多い場合に税務署は言ってくれない。
過少ではないのだから。。。

このあたりが税務署のにくいところ。。。





相続税は2015年1月に改正。
基礎控除額の引き下げ。
最高税率の引き上げ。
課税対象者が1.5倍になる。

東京、大阪、名古屋、などの都市では10人に1人は対象者になる可能性がある。
都市部に土地を持っている人から相続を受ける場合は要注意だ。
相続財産が1億未満の場合、ほぼ今までより倍の人が課税対象者になる。

相続税は現金で納付することが求められる。
相続税を納付するために。。。
代々大切にしてきた土地を売ってまで相続するのは忍びないと改正された。

その為に特例を作り、誰にも税金がかかる可能性が出てきたが。。。
一人当たりの相続税額そのものは減ってきた。




脱税は悪いが。。。
節税対策として。。。

土地にアパートを建てて、評価額を下げて相続税を下げる方法がある。

しかし土地を相続する場合は注意。
評価額の申告が違うことが多いらしい。
土地に対する評価の誤りによる、過払いが多いそうだ。
土地評価額を下げる原因は、近くにお墓がある。高圧電線が上にある。隣に電車が走ってる。など。

適正な評価額を計算して納税すること。

また生命保険などで非課税枠が設けたりして相続財産の評価を下げる。
などで節税出来る。

また親族に対する贈与税の税率も下がった。
相続させるよりも、生きている間に財産を贈与する方がお得かも?



遺言書に、、「俺の財産は全て寄付する。」と書いてあっても。。。
配偶者と子供には遺留分という部分だけは、相続を受ける権利がある。
ただし遺留分の権利はは配偶者と子供にしかない。
兄弟にはない。

まぁ、そもそも。。。

人の財産なのに。。。
相続する人が。。。
俺のものだ。俺のものだ。と言うのはちゃんちゃら可笑しい。



新しい情報を得ることができた。

来年の遺言書は、今回得た知識を生かし作ろう。



俺も今週は昼型の生活を送る時間が多く。。。

とても睡魔と闘いながら聞くセミナーだった。。。

間違ったことが書いてある可能性がある。

くれぐれも相続の時は、近くの税理士に相談を。




話を聞いていて、知ってるつもりだったが。。。
やはり相続税はかなりややこしい。

税理士であっても、相続税について詳しくない人もいる。
1年に1度も相続について、申告手伝いをしない税理士もいるそうだ。

詳しくない税理への相談は、小児科に成人病の診察に行くようなものだな。
と思った。

相談は相続に詳しい税理士にしよう。。。


名古屋と東京に住む人は、腕のいい税理士を紹介するので問い合わせてきて欲しい。


IMG_3065.jpg





1万種類のキックを1回ずつ練習する奴は恐くない。
一つのキックを1万回練習する奴は恐い。
                 By Bruce Lee

やったことは、たとえ失敗しても、
二十年後には笑い話にできる。
しかし、やらなかったことは、
二十年後には、後悔するだけだ。
                        by Mark Twain

成功するために生きているのではなく。。。
幸せになるために生きている。
                        by Takahashi

もし今日が人生最後の日なら。。。
今日やろうとしていることは。。。
本当に自分がやりたいことだろうか?  
                         by Steve Jobs


※クリックした後、画面がきちんと切り替わらないと
せっかくのクリックが無駄になる可能性が。
気をつけて。
下の2ヶ所をポチッと。。。
1日1回ずつお願いします。
応援4649

※仲間の輪を広げたいので、相互リンクを募集しています。


にほんブログ村 為替ブログへ

FC2Blog Ranking





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

和也

Author:和也
名古屋市在住の投資家兼実業家。
FXと不動産投資、金の積み立てで資産運用を行っている。
また資産コンサルティング、メンタルカウンセリング、生命保険相談などを行い、経済的自由を求める人のサポートに取り組む。
30代に某自動車会社を退職し一時的に路上生活をした後、建設会社社長に認められ事業多角化を進める過程で介護施設運営に携わる。
5年前に名古屋へ生活の拠点を移し、勝てないFXトレーダーの為に勉強会「和也のこれで勝てないないならFX止めたら?」を開催。
個別勉強会やSkypeLessonを含め受講者は400人を超える。
現在、勉強会参加者をサポートするLineグループを2つ持ち、FXで勝てるようフォロー活動をしている。
Facebookは「和也」で検索。
個別勉強会は随時開催中。

カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
PV
リンク